司法書士に合格するためには

司法書士の資格について

法律家の資格として人気となっているのが司法書士です。司法書士の資格を取得すると、不動産登記や商業登記、少額訴訟などの法律業務を行うことができます。試験は難関で、およそ2.8%の合格率になっています。しかしながら、しっかりと学習をすることによって働きながらでも合格を目指すことができます。この記事では、勉強のやりかたについて紹介していきます。これから司法書士の資格取得を目指す場合には参考にするとよいでしょう。

資格の取り方について

効率的に学習をすることによって、一年間の勉強でも合格をすることができます。法律の初学者であれば、専門予備校に通うことをおすすめします。予備校で教えてもらうことによって、初めて触れることになる法律も抵抗なく学習できるからです。予備校の先生は法律を教えることのプロフェッショナルなので、初学者でもわかりやすくレクチャーしてくれます。予備校には初学者向けのコースが用意されていますので、自分のレベルに合った講義を選んでください。

講義コースの選び方について

資格予備校には受講生のレベルに合わせた講義コースが用意されています。司法書士試験の経験者が受けるものから、始めて法律を勉強する人に向けたものなど、幅広いレベルの講義が揃っています。まずは、自分がどのレベルに合っているのかをしっかりと把握することが重要です。自分自身の知識レベルに合った講義を受けることが、資格の最適な取り方なのです。予備校を活用すれば、働きながらでも合格が目指せますので、どんな講義があるのかを把握してみることをおすすめします。

司法書士の試験は1年に1回行われ年齢や性別、学歴、国籍など関係なく誰でも試験を受けることができます。