火災保険の選び方について

家を購入したら考えましょう

家を購入した際、必ず火災保険の加入を求められます。特に住宅ローンを組む際は銀行側から、加入することを促されます。家を購入するまでは火災保険に縁がなかった人が大抵なので、急なことで迷ってしまう方が多くいます。また、ローンを組む際に入るので、あまり判断する時間がないのも事実です。そこで銀行や不動産屋から勧められた保険に入ってしまう人が多くいます。では火災保険の選び方として、どのような基準で判断すればいいのか説明していきます。

マンションか戸建てかで保険が分かれます

まず、購入した家がマンションか戸建てかで変わってきます。マンションは木造が少なく、保険料が戸建てに比べて安い傾向にあります。戸建ては主に木造なので、それだけ火災のリスクが上がると考えられています。よって、ここは安くしようがないポイントなので、どちらかで保険料が変わってきます。その他、マンションの何階部分に住むのかでも変化します。1階ですと床下浸水の恐れがあるなどで、水災の特約をつけるといった方も多くいます。

特約を選べる火災保険にしましょう

あとは、どのような特約をつけるかで保険料が変わってきます。基本の火災保険プラス、特約の風災や水災などです。最初から保険料が高いものは、特約が初めからついているものです。よって、なるべく保険料を抑えたい方は、特約を自分でつけ外しできるものを選ぶと良いでしょう。更に、インターネットから加入する場合は割安になるといった会社もあるので、自分で調べて加入することもお勧めします。最近はインターネット上で保険料のシミュレーションもできるので便利です。

火災保険を決める場合はまず火災保険の対象を決める必要があります。保険の対象とは、家財や建物のことです。