進路や卒業までも後押しする学校

将来性を高めるための学校

高校を卒業していない状態で通信制大学への入学は、特修生制度が提案されており、進路・将来の夢が定まっている場合に通信生課程でも形にできる利点があります。所定の単位を修得した状態で入学審査に合格することで入学できる制度です。また、勉強の時間やライフスタイルなどの変化によっては、通信教育課程から通学課程への転籍制度を利用することも可能で、通信制高校でも諦めずに卒業できるシステムや支援は広がりを見せています。

計画的な学び方で後押し

通信制高校の中には、資格取得や進級、卒業などに必要な科目や単位数をこまめにチェックしながら計画的に学べる・続く学習を提案している学校も増えています。ウェブ上で受けられる定期試験があるものの、試験に向けて短期集中の勉強を繰り返したり、勉強する習慣や学習リズムがつかみやすい魅力があります。目標を設定することで必修科目を優先させたり、興味がある科目を選択したり、様々な学び方ができて通信制でも着実に卒業へと導いてくれます。

キャンパスアドバイザーが在籍

通信制高校で学ぶことは時に不安を感じやすく、進路・将来の夢などに関しての相談にはキャンパスアドバイザーが全面的にサポートしてくれるために安心して勉強に励むことが可能です。キャンパスアドバイザーへの相談や支援の内容として、学習の進め方や学業や成績のチェック、さらに心理学を極めたアドバイザーによる心のカウンセリングも行っています。就職や夢への不安に対し、就職のアドバイスや将来設計などにまで関与してくれ、学生の本業の学びに邁進できる支援は評価されています。

通信制高校とは、情報通信等の手段によって教育を行う高校のことです。時間や場所の制限が少ないため、様々な理由により全日制高校に通えない方でも高等教育を受ける事ができます。