カードローンの返済方法はよく考えて決めましょう

便利ですが返済も忘れてはいけません

カードローンは自分が必要なタイミングで、お金を借りることが出来るので大変に便利です。ATMなら深夜や早朝でも現金が引き出せますし、ネットで自宅に居ながら借りる事も可能です。どうしても欲しいものが有った時や、月末のピンチの時にお世話になった人も多いはずです。ですがそんな便利なカードローンも、お金を借りた後は当然ながら返済をする必要が有ります。無理のない範囲で計画的に利用しないと、後から返済が苦しくなる場合も有るので注意が必要です。

二つの返済方法が有ります

そこで気になるのがカードローンの返済方法なのですが、二つの方法に分けることが出来ます。まず一つ目は一括返済と呼ばれている返済方法で、これはごく一般的な返済方法と言えます。クレジットカードもこの返済方法が多く、利用した翌月にまとめて返済するというものです。二つ目はリボルビング払いと呼ばれる返済方法で、カードローンで多く利用されています。こちらは一括返済とは違って、予め決めた金額を毎月支払っていくというスタイルになります。

無理をしない事も大切です

カードローンを利用する場合はこの二つのうちから、どちらかを選んで返済することになります。ですからどちらが自分に有っているのかを、よく比較して検討して決める事をおすすめします。ちなみに一括返済の場合は支払回数や利息は少ないですが、一回あたりの支払いは大きくなります。逆にリボルビング払いの場合は一回あたりの回数は少なく、支払回数と利息は増えることになります。借りた金額が多い場合は、無理をせずにリボルビング払いを選ぶのも一つの方法でしょう。

カードローンの比較は金利だけでなく、利用のしやすさも考慮すると良いでしょう。返済のサイクル、返済が行える提携ATMの数など利便性がカードローン会社によって異なってきます。